インプラントで綺麗に

審美性のあるインプラント

審美性の観点からのインプラント

歯並びの良し悪しはその人の印象を大きく左右します。インプラント治療の場合は、見た目が元々の歯と比較しても見分けがつかないほど美しく仕上げることが可能です。そのために審美性を気にする方にとっては最適な治療方法であると言うことができます。特に前歯は口を開けると目立ちます。素敵な笑顔も、入れ歯や銀歯などが目につくとどうしても魅力が半減してしまうものです。女優や俳優などの芸能人で見た目を大切にする人のみならず、多くの人がインプラント治療を選択するのは、相手に良い印象を与えることの大切さをよく理解しているからであると言えるでしょう。

インプラントは審美性が高い

インプラント治療は審美性の高い、歯科治療と言われています。加齢などで自分の歯を失ってしまった場合、多くの方がまず入れ歯やブリッジといった義歯を作ります。入れ歯やブリッジは簡単に作れるというメリットはあるものの、やはり見た目は不自然です。義歯の色が自分の歯とは違ったり、金属が目立つケースもあります。一方、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に義歯を装着する治療法です。義歯はセラミックといって自然な歯と同じような素材で作られます。もちろん、ブリッジのように金属が見えるという事もありません。

↑PAGE TOP